2012年01月02日

明けまして おめでとうございます

シャークOB・OGの皆さん
 明けまして おめでとうございます。
皆さんはそれぞれに静かで穏やかな良いお正月を迎えられたことと思います。
私共も近くの御代田在住の20期・安藤雅浩・美和子ご夫妻の御厚意により、
お宅に招待され御一緒に年越しのカウントダウンと温かい良い元旦を迎える
ことが出来ました。 本当に有難いことと感謝しております。
 シャークの多くの皆さんには御無沙汰をして失礼しておりました。
今年も多くの皆さんから早々と年賀の挨拶状を頂戴して、まことに有難うございま
す。
こちらから、全員の方々に年頭祝いの挨拶状を差し上げるべきところ、失礼して、こ
のメールによるメッセージにて、年賀状代わりとさせて戴きます。
 昨年は東日本大震災・巨大津波・福島原発事故、また、台風水害など、我々日本人
にとって自然災害による試練の大変な年でした。 シャーク関係者で災害に会われた
方もおありと思いますが、その方々をはじめ災害被害者に心からお見舞い申し上げま
す。今年はこれらの困難や苦境を乗り越えて、皆さんにとって良い年になりますよう
に、心より祈っております。 
 私共夫婦は軽井沢の地に移って、早や1年があっという間に過ぎ去り、信州の自然
の四季を楽しみ共生しながら、何とか元気に過ごしております。侑子は股関節変形症
で、自由に歩くことが困難になり、杖をつき大変ゆっくりしか歩けない状態になって
おり、心臓発作の心配もあって、無理せずにスローペースで過ごしております。
私は比較的元気で、相変わらず、晩酌により強力なエネルギーを補給しております
が、今年80歳、傘寿を迎え、寄る年波には勝てず、気ばかり若いのですが、体力・
気力・記憶力が昔に比べ格段に衰えて、「こんな筈ではなかった」と嘆いておりま
す。 
しかし、チエーン・ソーで木を切り、今は「電動・薪割り機」で薪を作っております
し(以前は、大きな斧で割り、作っておりました)、日曜大工、秋の庭の落葉掃除、
冬の雪掻きなど、何とかゆったりとこなしております。 後で腰痛が出ないように、
無理は致しません。 この冬は待望のスキーを少しでも楽しもうと、近場のスキー場
に出掛ける計画をしております。 これこそ、「年寄りの冷や水」になることでしょ
う。
 昨年は、八ヶ岳開山祭、ペンキ塗りなどにシャーク山荘に出掛け、また、シャーク
各期のOB・OGまた鮫研の多くの方々が軽井沢に集い、我々夫婦は再会の喜びに浸るこ
とが出来て「感謝感激」の連続でした。皆さんから「若さ」と洗練された「馬鹿さ」
のエネルギーを頂いて、私共は勇気付けられ元気となり、その御厚情に心から厚く御
礼申し上げます。 秋には、私は8期・中山勝義ご夫妻の車に便乗し、内灘在住の7
期・入口敏則・恵美子ご夫妻のお宅を訪ね、内灘・金沢見物など大変なお世話にな
り、また、同時に13期・山田保美・裕紀ご夫妻と一緒に、裕紀さんの御両親と久し
振りに再会できたことは、私にとって大変嬉しく楽しい一生忘れ得ぬ思い出の旅とな
りました、多謝。
 さらに、昨年はシャーク35期・薗田健司・雅子ご夫妻、36期・鹿島 健・仁子
ご夫妻の結婚式・披露宴にお招き戴いて、それぞれの新たな門出を祝福しましたが、
その後の2次会の祝いに集まったシャーク同期、その前後の期のOB・OGの数の多さに
びっくり。皆、昔と全く変わらず現役と同じように歓談・談笑して楽しい雰囲気に溢
れていました。 つられて一度は、3次会まで付き合うことも出来ました(我なが
ら、良く出来たと思う)。
 会えば、昔の若い学生時代に変身するシャークの「絆」の強さ、変らぬ友情と温か
い思いやりの深さなど、今の日本が求めているものを、シャークの皆さんは既にしっ
かり持っていて、素晴らしく頼もしいことだと実感しております。
 これから、私はどんな境遇に出会おうとも、心豊かに明るい希望を持って最期まで
生き抜いて行こうと思っています。
 今年は年の始めから、良いことがありそうで、早速、1月28日にシャーク50周
年記念パーテイが東京小石川後楽園内で行われるというので、侑子と私も何とか二人
で一緒に出席して、皆さんと久し振りにお会い出来るのを今から大変楽しみにしてお
ります。 当日、再会を祝って祝杯を挙げ、昔の現役学生時代に戻り、お互い「無礼
講」で大いに歓談いたしましょう。 では、その時まで、皆さん、ごきげんよう。
  2012年1月2日                   鮫島達也・侑子
posted by Shark at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
鮫島先生
いよいよ、明日になりました
先生からのお手紙をいただき、感激しながらも、こちらから返信出来ず、大変失礼をしております
今、ネットでこのサイトを見つけた次第です
明日は、先生、奥様、懐かしい仲間達に会えること楽しみにしております
正直、卒業以来一切交流がない早崎鐘基としては、こわいな〜〜と思う気持ちもあるのですが
そんな私ですが、明日は、よろしくお願いします
早崎鐘基
Posted by 早崎鐘基 at 2012年01月27日 11:08
達也様 侑子様 本当に本当に長らくご無沙汰しております。もっと早く気付けばよかったのですが、ふと検索しましたら、お二人のお元気な近況を知り、涙が出てしまいました。私も同じ長野県ですが、東京へいくより遠い南の端、売木村という人口595人の村に移住して、とても温かい人たちに恵まれ、心豊かに暮らしております。今後、ホームページを見させていただきますが、お話できたらとも思いますので、メールなどいただけましたらうれしゅうございます。紘子
Posted by 國分紘子 at 2015年10月05日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52742733

この記事へのトラックバック