2005年01月15日

チャミ,ウサ子,ルンルン

寒中お見舞い申し上げます。

 大寒に入り、厳冬期になりましたが、皆様には相変わらず、お元気のことと存じます。

 年賀状などには書けなくて、大変遅くなり申し訳ありませんでしたが、実は愛犬「チャミ」が、昨年暮れにあの世に昇天いたしました。12月24日のクリスマスイヴの日の朝、静かに穏やかに息を引き取りました。

 死の前日までの最期の頃は、もう、自分では殆ど動くことも出来ませんでしたが、食事と水は何とか摂っておりました。耳は大分前から聞こえず、眼も殆ど見えない状態で目やにも出ており、その命は「風前の灯」と私共も前から覚悟をしておりました。死んだ後のチャミは目やにも取れ、可愛い奇麗な死に顔で、16歳と8ヶ月(推定です)の命でした。栗平で拾われ、ウサ子、ルンルンの3匹で仲良く暮らし、その名の通り「やんちゃ」振りを発揮してシャークの皆さんにも可愛がられて、幸せなチャミだったと思います。

 翌日、12月25日、クリスマス当日、ルンルンを土葬にした同じ処に埋葬しました。 ルンルンは2001年11月23日に死にましたが、3年以上の間に、その骨も完全に土にかえっており、その同じ場所にチャミを安らかに埋めてやりました。これが愛犬3匹との「最期のお別れ」となりました。さらに、12年前、1993年1月17日、奇しくも阪神・淡路島大震災の2年前の日に死んだウサ子の遺骨が保存してあったので、それを去る1月18日、やはりチャミを埋葬した直ぐ傍に埋め、3匹の冥福を祈りました。これで、栗平の家で仲良く暮らしていた3匹が、再び一緒に天国で仲良く遊ぶことが出来ると思います。

 生前、3匹を可愛がって戴き、色々とお世話になった多くのシャークOB・OGの方々に、まことに悲しく残念なことですが、ここに御報告すると共に、皆様の御厚意に対し、私共夫婦二人、心から感謝申し上げたいと存じます。 どうも、有難うございました。大寒の寒さ厳しき折、どうか、身体を大切にお元気で御活躍下さい。
posted by Shark at 00:00| Comment(0) | 日記

2005年01月01日

新年を迎えて

寒中お見舞い申し上げます。

  一年中で最も寒い大寒を迎えておりますが、皆様相変わらずお元気に御活躍のことと思います。私共も良い正月を迎え、何とか元気に過ごしております。先日はシャークOB会報第7号を発行し、御恵送戴いてどうも有難う存じました。

 私の拙文はさておき、井本君のシャーク山荘30周年記念の集い、小林先輩のシャーク山荘建設当初にまつわるエピソード、ロン君の山小屋改造計画などの記事を面白く拝読しました。会報の編集、印刷、発行に尽力戴いている皆様に心から感謝しております。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。タイ、バンコックの三橋さんは今回のスマトラ沖巨大地震・大津波には影響が無く無事であったとのことで、何よりでした。私も多分大丈夫だろうとは思っており、心配はしておりましたが、それが確認出来て良かったです。私からも三橋さんにメールを打っておきましょう。

 実は、去年暮れANO(阿野)スキー教室の合宿で乗鞍高原に赴き、元旦をスキー場で迎えました。そして、初滑りを楽しむことが出来ました。勿論、「年寄りの冷や水」のソロソロ滑りでした。リフトの一日券は元が取れないので、回数券を買いましたが、それも余りました。昔日のような体力・気力はありませんが、この年になるまで好きなスキーが楽しめるのは大変幸せなことであり、有難いことだと思っております。スキー技術など色々とお世話になっている12期の阿野君、里村君、長島君、16期の嶋君、27期の鎌田君などには感謝しております。合宿中、私は何時も乾杯する時の「音頭とり」を仰せつかりましたが、今年が酉年なので「とり」は何でも縁起が良いと喜んで音頭をとり、メートルが上がりました。

 今年は、昨年と違って体調を崩さず健康でそれなりに元気で快適な日々が過ごせるようにと願っております。 どうか、皆様には今年も健康には充分注意され、元気で明るく御活躍下さるようお願い申し上げます。また、いずれ、お会い出来る日を楽しみにしております。
posted by Shark at 00:00| Comment(0) | 日記