2004年10月01日

山小屋30周年の集い

シャークOBの皆様

 10月2日〜3日のシャーク山荘30周年記念の集まりの折には、大変にお世話に なり、どうも有難うございました。  

 久し振りに会えた方もあり、山荘30年の歴史を振り返り、ほんとうに感無量でし た。補修工事は山田ロン君の努力をはじめ皆さんの協力のお蔭で、立派に完成したの を拝見し感服いたしました。 簡易水洗トイレなどは、老人の身にとっては大変に楽 でした。以前は、立ち上がるのに何時も苦労したのですが、それも過去のものになり ました。

 午後1時から午前1時まで12時間の宴会もさすがシャークのOG・OBと感心し、相変 わらず皆さんは若くて頑丈だと思いました。私が引き取ったビールの空き缶の耳 (オープンする時の小さな取っ手;熱川中学校の生徒が集めているので協力中)を 取って勘定したら、60個もありました。その他、日本酒、ワインありで、やはりみんな未だ良く飲めるものだと、ここでも感動!   「提言」のようにこれからも山荘を10年ぐらい利用できれば、ほんとうに宜しい ですね。一見して、まだまだ大丈夫、これからの使い方、手入れ次第だと感じまし た。

 そのためには、色々と解決すべき難問があると思いますが、できることから少しずつ 解決すればと思います。 また、私が建設当初から提唱していた、「シャーク山荘を 人間的交流の場に」との原点に帰って、各個人の交流や家族での自然との触れ合いで 自然理解が深まれば良いと考えております。

 では、これから秋が次第に深まりますが、健康第一に留意され、ご活躍下さい。
posted by Shark at 00:00| Comment(0) | 日記