2002年11月20日

美しき紅葉の秋に深き悲しさ

伊豆熱川の地に移って早や1年半が経ちました。伊豆熱川駅から5キロ程登った山の中で自然に囲まれて生活しております。地理的に言うと、我が家は天城山系(天城山という名の山はありません)の最高峰、万三郎岳(1405.6米)と北隣りの万二郎岳などの山々の東側斜面、標高三百数十米の山麓にあります。家は大きな木々や様々な植物に囲まれ、リスや多くの小鳥達を相手に自然を楽しんでおります。秋から冬は木の葉が落ちて無くなるので、家の窓から相模湾の一部、城ケ崎海岸や門脇崎灯台などが遠くに良く見えます。

 家の前は「やまぼうし」の並木道となっており、今、秋の紅葉の時季には綺麗な黄から橙色ないし赤色に衣替えをして私共の眼を楽しませてくれます。栗や櫟の大木は葉が黄ばんで落ち、その中にカエデ、ハゼ、 ウルシなどの木々が真っ赤になって秋の美しい風情に彩りを添えてくれます。

 そのような、秋の紅葉をこの眼で見て楽しめる幸せをつくづく感じております。私は幸いインフルエンザ予防注射のお蔭げで風邪も引かず健康に恵まれていますが、ビールの飲み過ぎか、たまに「痛風」の発作に襲われ、左足の親指先が痛むことがあります。 痛風の薬を飲みながら、好きなビールを程々に楽しみながら飲んでおります。因みに、痛風にはお酒の中でビールが一番良くないのであります。しかし、適度に飲めば、酒はやはり「百薬の長」なのでしょうか?それを信じております。

 この秋、我々の仲間が一人欠けるという悲しい現実に会いました。08期の大久保博君が去る11月16日に急に天に召されて逝きました。急逝の訃報に接し、驚きと共に悲嘆に暮れました。彼は学生時代から大きくて丈夫な身体つきで山に入れば、常に頼り甲斐のあるやさしい人間でした。つい1ヶ月前までは元気に仕事もこなしていたのに、10月初旬に入院して、1ヶ月余りで帰らぬ人となるとは、想像もできませんでした。彼と一緒に登った丹沢や北アなど数々の山行をしんみりと懐かしく思い出しております。今は唯、残された3人の御遺族、幸恵夫人、御令息および御令嬢のお幸せと故人の御冥福を心よりお祈りするのみであります。これでシャークの仲間の物故者は8人となりました。 合掌。

 この秋、美しい紅葉を愛でながら、故人達を偲び、深い悲しみと寂しさを感じております。 どうか、皆さんも健康第一にお身体を大切にし、お互いに何時までも元気で明るく過ごして参りましょう。
posted by Shark at 00:00| Comment(0) | 日記